プロペシアの成分フィナステリドには男性型脱毛症による抜け毛を抑制する作用があります。服用方法と副作用も解説します。

プロペシアの詳細

プロペシアとは、アメリカのメルク社が開発したAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

病院などの受付で、ポスターが張ってあったり、チラシなどがあったりCMも流してるのでご存知の方は多いかもしれません。

元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されていましたが、脱毛の原因と前立腺肥大の原因が同一だということになり、副作用で髪の毛が増えたということから再開発される流れとなり、現在では男性型脱毛症の治療薬として販売されています。

日本では2005年10月に厚生労働省で認証され、12月より発売スタートしました。

プロペシアの有効成分フィナステリド

医学的な根拠を元にAGAと向き合って製造されたこの商品は、フィナステリドという成分がメインになります。
この物質は抗アンドロゲン薬の一つで、男性型脱毛症のトリガーでもあるDHTの生成を阻害するため、生成に一役かっている酵素の作用を弱めます。
その作用から発育の止まった毛根を、発育する毛根の循環に正す効果を齎します。

DHTとヘアサイクルの関係

元々AGAの症状が生じている頭髪には、DHTの濃度が濃いという結果が出ています。
このDHTが多くあることで何が生じているかというと、毛髪サイクルを異常化させているのです。
生える予定の髪の毛に対して、休眠してよいという命令を出しているのです。

その為、髪が抜けてしまうケースが多発し、生えるはずの毛根が休眠し、毛根が増殖して広範囲の脱毛が生じます。

DHTを生み出す酵素

そして、先の酵素がDHTを生み出す役目を果たしています。
その酵素が、2型5-α還元酵素という物質です。

この酵素の役目を妨害することが生成を減退させ、誤った命令を出し続けないことにつながります。
そして、休眠していた毛根の目覚めを促すことが期待されます。

プロペシアの副作用

抗アンドロゲン薬と伝えたように、男性ホルモンの一種を弱める働きがあることから、副作用にも若干その点が反映されています。
それがよく噂される性欲減退です。

しかしながら、この性欲減退については、臨床試験中疑似薬品を服用していた人と同等の割合で発現率なので、思い込みなどによる心因的な要因の可能性も否めません。
その為、各個人によって出る出ないがあるようです。

また、この事象以外には痺れや蕁麻疹、めまいなどがあり、重い症状では肝機能に障害が起こることもあります。

プロペシアの服用方法

気になる服用については、1日1錠を目安に服用が基本となります。

服用期間は、人によって異なりますが、長ければ3年ほど続けることもあります。
アメリカでは、5年間調査したところ、1日1mgを毎日使用し続けた男性の90%は何かしらの効果はあったと報告されています。

プロペシア発毛体験記

また、20歳未満の男性の服用は禁じられており、妊婦や授乳中の女性の体内に成分が入ってしまうと乳児及び赤ん坊の生殖器に作用し兼ねないことから、服用中の献血は禁忌となっている点は、頭に留めておいて下さい。

AGA治療の料金

AGAですが、男性のヘアエステなどと同様にお金がかかるイメージがあるかもしれません。
確かに某ヘアエステでは、女性のエステ並みの、いやそれ以上の莫大な費用がかかります。

もちろん専門家が診断をしてくれ、効果も期待できるでしょうが、通うとなったら抵抗がある方がほとんどだと思われます。
病院で治療できることさえ、知らない方も多いかもしれません。
早い段階で治療を始めますと、進行しきった状態よりも増毛できる確率が格段に増えます。

病院に行くのは嫌だ、或いは費用をもっと安く抑えた上で治療したいという方はAGA治療薬の通販をご利用ください。
便利に、そしてリーズナブルに薄毛治療を実現できます。