頭皮の状態を健全に保つことが脱毛症対策となります。薄毛・抜け毛を改善し健康な髪の毛を育てる生活慣習を紹介します。

薄毛対策の為の生活改善

近年増えている薄毛については、生活慣習を見直すことで改善する場合があります。

AGAについては、治療薬を使うことが最も効果が高いことは間違いありませんが、その他の要因については、治療薬ではない日々の生活の中の慣習を気を付けることで改善する場合も多いのです。

効果的なAGA治療薬

例えば、ひこう性脱毛症や脂漏性脱毛症については、頭皮に皮脂が足りなすぎたり、多すぎたりすることで起こっている現象ともいえます。
また、円形脱毛症は過度のストレスから来ている症状でもあります。
この例を挙げても、日々送っている生活の内容を見直すことは、意外にも役に立つのではないかと思いませんか?

食生活について

現代は食の欧米化が進んでいることから、脂肪分が多い食事が多くなりました。
EDの治療薬には血流を良くする作用もあるという点から考えると、いわゆる生活習慣病から遠い体内にすることがまず対策になると思い浮かぶかと思います。
その為にも、偏りのない食事、特に脂肪分はなるべく控えたり、野菜もしっかりとることが大切です。
また、髪の毛の元となるたんぱく質や亜鉛、頭皮によいビタミン群を積極的に採るとよいでしょう。

規則正しい生活で自律神経を整える

体内のリズムを整えることは、体内の血行の流れにも関係してきます。
また、自律神経が乱れることで、ホルモンバランスも崩れやすく、苛立ちなどストレスに対処しにくくなる場合も起きてしまいます。

ストレスを溜めない

ストレスは脱毛症だけではなく、心身に大きな影響を与えます。
刺激程度のストレスはあってもやる気などに繋がりますが、蓄積していくことでそれは気力の減退にも繋がりかねません。
そして、抵抗力も低くなり、活動力も低くなれば、血行や血液の栄養素からどんどん酸素なども減っていき、髪の毛だけではなく心身に栄養が行き渡り難い状態となってしまいます。

シャンプーを見直す

市販のシャンプーは刺激が強すぎたり、また爪を立てて洗ったりすることで、頭皮を傷つけたり刺激を与えすぎてしまったりと間違った洗い方をしてることがあります。
使っているシャンプーがあっているか、またシャンプーの方法が自身を薄毛に繋げていないかなど見直すのもよいでしょう。
また、今では育毛効果があるシャンプーも販売されているので、気になる場合はそちらを使ってみても良いかもしれません。

タバコの吸い方を見直す

タバコは体内からビタミンCを奪っていきます。
ビタミンCは美肌効果があるだけでなく、顔の皮膚とつながっているだけあって頭皮にも関係しています。
その為、血流からビタミンCを不足させるタバコは、控えた方が確実に頭皮環境をアップさせることになります。

これだけ挙げても色々と対策するべき点があることがあると思います。
全ては無理でも、一項目ずつでもやってみる価値はあるかもしれません。