近年、FAGA(女性型脱毛症)に悩む女性が増加しています。原因と特徴の解説と併せ、ひこう性・脂漏性・牽引性にも言及します。

女性の薄毛の原因と症状

女性の中でも薄毛は増えています。

原因は、AGAの場合も勿論ありますが、それ以外の原因も多い場合があります。

例えば頭のてっぺんが薄く、地肌が目立っている場合。
この場合は、ひこう性若しくは脂漏性脱毛症の可能性があります。

ひこう性脱毛症の特徴

ひこう性脱毛症とは、フケが毛穴を塞いでしまうことにより発生している症状です。

この症状の特徴は、かさぶたのような大きな乾燥したフケが出ることです。

多くは、シャンプーのし過ぎによるものと言われていますが、もし元々フケが出る量が多かった場合は、別の病気の可能性もあるので、1度皮膚科などに相談した方が良いかもしれません。

脂漏性脱毛症の特徴

脂漏性脱毛症とは、男性にもありがちな薄毛の症状ですが、皮脂が毛穴に詰まることによって発生させている症状です。

この症状の特徴は、頭皮にトラブルが起きていることが多く、見た目で頭皮が赤く腫れているのが特徴です。

多くはシャンプーをしなさすぎだったり、頭皮にあわないシャンプーを使っていたりすると起こると言われています。

牽引性脱毛症の特徴

分け目などが薄く、地肌が目立っている場合は牽引性脱毛症となります。

この症状は、分け目を作って髪の毛を縛っていた人などに多い症状で、髪の毛が引っ張られることで頭皮に負担がかかり薄毛になってしまうのです。

この場合は、よく分け目を変えたり、縛るのをしばらく止めるなどすることで解消する場合が多いのも特徴です。

女性AGA(FAGA)の原因

上記以外でも全体的に髪の毛が抜ける量が増えたり、産後に髪の毛が薄くなったという人は、AGAの可能性が高いと言えます。

女性の場合のAGAはFAGAと呼ばれ「Female」が接頭語として付きます。

※男性のAGAについては下記ページをご覧ください。

AGA(男性型脱毛症)の原因

症状の原因としては下記が該当します。

・加齢
・ホルモンバランスの乱れ
・ストレス

女性の場合、女性ホルモンが髪の毛の発育、艶などに関わっていることから、女性ホルモンが減少したり乱れたりすると髪の毛にも影響が及びます。

また、髪の毛は20代が1番密度が高くなるピークと言われています。
それからは下方をたどる一方なのです。
その上、パーマやカラーリングなどを行うことで、頭皮や髪の毛を苛めることでより髪の艶やコシ、ハリといったものが失われていきます。

こうした点を考えると、男性より改善しやすい症状が多いかもしれません。
とはいえ、女性にとっては、たとえ髪が短かかったとしても、女性らしさを表す象徴でもあります。

今からでも、薄毛にならないよう生活習慣などを見直してみるのもひとつの有効な手段です。