ミノキシジルタブレットは内服用のAGA治療薬として高い効果があります。外用薬はリアップが有名です。副作用も説明します。

ミノキシジルタブレットの詳細

ミノキシジルタブレットは、現在までで1番効力が高い商品と使用者から声があがっています。
ですがその反面、使用する上ではより慎重な扱いが必要となります。

有効成分ミノキシジルの特徴

成分名ミノキシジルは、高血圧を改善する血管拡張薬として研究開発していた最中の臨床試験中に「頭髪の増加」という副作用の声が多数あったことから、育毛に視点をおき薬品として別途販売されました。

ミノキシジル開発の歴史

体中の至る部分に栄養素を送り込んでいるのが、血液です。
髪の毛についてもその恩恵を受けており、毛乳頭という髪の毛の栄養素が集結しているところに栄養を送っているのが血管であり血液になります。
その結果、血管を拡げることはおのずと髪の毛の発育にも関連するだろうという想像はつくと思います。

効き目の方は人によって感じ方は異なりますが、フィナステリドより効力を感じる方が多いと言われています。

毛乳頭や毛母細胞といった髪の毛の元となる部分へ直接作用する為、発毛と育毛に強い影響を与え、より強く育っていきやすくすることで、休眠しかけた髪の毛にも影響力を及ぼしているようです。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルは効力が高い分、副作用も残念ながら強いのです。
まず、このタブレットの場合、髪の毛以外にも全身の体毛に効力を及ぼします。

また、先にも伝えたように高血圧を改善する薬なので、循環器系に負荷がかかりやすいことから、同機能の副作用も避けては通れません。
不整脈や低血圧症などの命に関連する症状なので、十分注意を払うことが重要な部分となってきます。

その為、現在国内で販売認可が下りているのは、外部薬であって、製品名は皆さんご存知のリアップという大正製薬が販売している製品がそれにあたります。

ミノキシジルタブレットの服用方法

副作用が強いと書きましたが、正しい用法容量を守ることで、この商品で薄毛が改善している方は多くいます。

1日1錠を服用し、必要に応じて最大成分量100mgを超えないように少しずつ増やしていくという服用方法が基本のようです。

体調や人によっては、副作用を感じやすい場合もあるでしょう。
状況を見つつ無理をしないで使用していくことが大事になってきます。