ザガーロやアボルブの成分としてAGAの改善効果が期待されているデュタステリドの特徴と効果、副作用を解説します。

デュタステリドの詳細

デュタステリドは、2015年にAGA治療薬として日本国内で認可が降りた新しい薬です。

プロペシアと同じ2型5-α還元酵素を阻害する薬には変わりありませんが、この薬は更に1型も同様に阻害してくれるのです。

AGA治療薬の場合は、サガーロという商品名で発売されています。

しかし、プロペシアの成分フィナステリドと同様、前立腺肥大を治癒する目的で開発されたことから、こちらの治療薬の場合は、別の名称で発売されています。

有効成分デュタステリドの特徴

この2つ症状の発症の関係性は、同じファクターであるDHTの濃度という点です。

前立腺にDHTが多く増えると、前立腺肥大が生じます。
同じく頭皮にDHTが多く増えるとAGAが生ずるという同一の要因が、場所は違えど改善を見いだせるはずという点でAGA治療薬としての役目もかっています。

デュタステリドを体験した人の結果では、150日経過した時点で1.5倍の発毛結果を得られている方もいました。

フィナステリドとの相違点

フィナステリドと違う点は、別の種類の酵素の作用を妨害する点にあります。
この点を見てもお分かり頂けるかもしれませんが、2種類の酵素作用を妨害することが、更なる発毛効果を呼び起こし、更に実感速度が早く訪れるという相乗効果を齎します。

どうしても発毛という自然の流れの中で治療していくことになる為、長期的な目で実行していくのが前提でしたが、1.5倍の速さで増殖するということは、プロペシアの3年が1.5年で実感できるという計算も考えられます。
これはかなり革新的と言わざるをえません。

デュタステリドの副作用

上に説明したとおり、2種のホルモンが減少するということは、別の機能にも影響を及ぼすことは想像できるでしょう。
残念ながら、副作用である性欲減退を感じる割合も低くありません。
また、フィナステリドと同様に頻度不明ですが肝機能障害という重い障害も報告されています。

ですが、どんな薬にも副作用はつきものなので、専門家の指示を仰いだ上で使用すれば、大きな問題に発展しないでしょう。