男性型脱毛症は遺伝やDHT(ジヒドロテストステロン)が関係しています。治療に効果的な発毛剤の購入法もご紹介します。

AGA(男性型脱毛症)の原因

世間一般の俗称ハゲとは、髪の毛が薄い男性の永遠の悩みのひとつです。
特に男性特有のAGA(男性型脱毛症)は頭頂部が丸く薄くなるか、額の生え際がM字に薄くなっていってしまうといった症状になります。

あなたはどのタイプ?薄毛の種類

早い人で思春期以降に症状が出始め、20代でかなり薄くなってしまう人もいます。
気にならない方にとっては全く問題ないことですが、20代で頭皮が薄くなってしまうとやはり目立ちますし、気になる方は多いと思います。

遺伝的要因の薄毛

AGAの原因として、多くは遺伝だとされています。
しかし一概に遺伝と言っても、両親は薄いのに自分はふさふさだったり、祖父母はふさふさなのに自分は薄い、という例もあります。
ただ、やはり、直系尊属の遺伝により髪が薄くなりやすくなってしまうというのあると思われます。

ホルモンが関係する薄毛

他の要因として、男性ホルモンが大きくかかわってきます。
男性型脱毛症と呼ばれるくらいですので、男性のみの症状だとされてます。

男性ホルモンが、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることにより、髪の毛が抜けてしまったり成長しなったりするのですが、5-α還元酵素というものが原因で、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。
その悪玉DHTが大きな要因で男性型脱毛症になるというわけです。

薄毛の改善に向けて

ひとたび薄毛になってしまうと心理的にもダメージを受けますし、もう髪は生えないのではないかという気持ちにも陥ります。

しかし医学が発展した現代において、その抜けた髪の毛や、薄い髪の毛は育毛でき無いことはないです。
5-α還元酵素を阻害してくれる治療薬がありますので、それを服用することにより、DHTを生成させなくしてくれるので、今まで発毛してなかった休止期の場所から髪の毛が生えてくることが望めますし、猫の毛のように柔らかく細かった毛も育毛し、コシのあるしっかりとした毛髪にしてくれます。

もちろん他の要因もキチンと、正していく必要があります。

・油っこい食べ物中心の食生活
・高コレステロールな食事
・ストレス

「ストレスをためるな」ということは難しいと思われますので、ストレスを解消できる何かがあるといいですね。
特にお勧めするのは運動です。
運動することによりストレスも解消されますし、血行の流れもよくなりますので髪の毛には優しいです。

ただ注意なのが帽子です。
運動するとき帽子をかぶると思いますが、なるべく通気性のいいものを選びましょう。
蒸れてしまっては頭皮に優しくないので気を付けてください。

日常生活で行うことのできる薄毛対策の詳細は下記のリンクよりご覧ください。

薄毛対策の為の生活改善

続いて、薄毛を改善する医薬品について解説してまいります。

発毛効果のあるミノキシジル

ミノキシジルという成分をご存知でしょうか?
元々血管拡張剤として開発されていた成分で、現在では育毛効果があるとされ、発毛剤として使用されてます。


日本ではリアップという医薬品名で大正製薬からシリーズとして販売されています。

外用薬と内服薬が存在し、両方使用するとより効果が得られるとされています。

内服タイプのミノキシジルタブレット

ミノキシジル開発の歴史

ミノキシジルの歴史は古く、開発はアメリカのアップジョン社(現ファイザー社)が開発しました。
1970年代から臨床の現場で使えわれていたのですが、副作用として多毛症がみられるとの事で、外用薬で頭髪に試験を行ったところ、高い育毛効果や発毛効果がみられたとの事で有効成分として発表されました。
当時は発毛促進をしてくれる医薬品として革命的発明でした。
これを元に、1980年の初めに外用医薬品の育毛剤としてロゲインが発売され、今現在も使用されてます。

日本でも外用発毛医薬品として、1999年、厚生労働省が正式に承認しました。
ミノキシジルとして日本で承認されているのは大正製薬のリアップのみとなります。

薄毛の進行を止めるプロペシア

ミノキシジルの他に、AGA医薬品で内服薬として有名なのはプロペシアという、アメリカのメルク社が製造販売している治療薬があります。
2005年から日本でも承認を受け販売されています。

プロペシアの詳細

国内の臨床実験において、プロペシア1mgの内服を継続したところ以下のような改善結果が出ています。

・1年継続…58%
・2年継続…68%
・3年継続…78%

他にも現状維持効果が認められ、改善効果や維持効果を見てみると、実に98%以上の方が効果を実感したということになります。
※ただし、高齢の方(60代以上)などはこの報告よりも期待値は下がるとの事ですのでご注意ください。

発毛と言いましても、大部分の方は現状維持を目安に考えたほうがよさそうです。

値段としては結構高価なものですし、医薬品特有の副作用も考えられますので多量に使用するなどはやめましょう。

プロペシア発毛実感記録

プロペシアのジェネリック

上にプロペシアは値段が高いと書きましたが、その点を補うジェネリック医薬品としてフィンペシアと呼ばれるものがインドのシプラ社から販売されています。

フィンペシアは先発薬のプロペシアと比べ、購入価格がかなり安価になります。
現在ではインターネットなどで個人で使用する分には輸入できますので手に入りやすくなってます。

ジェネリックですので有効成分は全く一緒で、その結果、効果効能も同一になります。

AGAで悩んでる方は若い方でもたくさんいらっしゃいます。
プロペシアやフィンペシアは、これ以上薄毛を進行させないようにしたいという方にお勧めです。

AGA治療薬の購入法

さて、これまで薄毛の原因と対策について記載してまいりましたが、AGA治療には専門の薬が1番効力があるということに気が付いた方が多いでしょう。

では、実際これらを使って改善すると考えた場合、治療薬の購入には大きく2タイプの方法が存在しますのでご紹介します。

専門病院を利用する

専門の病院を受診することで、専門医に頭皮状態を診て貰った上で、不安な点は相談できることが最大の特質です。
また、病院によってはその病院特有の薬品を提供している場合があり、実績のある療治薬を処方してもらえる点も病院特有の利点でもあります。

但し、一番大変なのは、金銭面です。
ネットで見る限り、費用などが3,000円~5,000円で収まるような広告が結構出回っているとはいえ、実際はその額以上の金額になったという声が多いのが実情です。
何故かというと、先に記載した病院特有の療治薬を用いたりすることで、月3万円以上払っていたという声もありました。
また、通常の療治薬だけ使っていたとしても7,000円は必要だったとも聞きます。

元々AGAの治療薬は薬価基準未収載薬という薬に分類されていることから、保険が下りません。
その点からも、通院費や診療代、更に薬代を考えれば普通にお金がかかるのは火を見るよりも明らかです。

しかし皆さんそれを納得した上で、それだけの効果を実感し、大変満足されていたようでした。

自身で通販で薬を購入する

専門医に受診しても、処方される薬については先に説明した薬品を出されることが多い為、特に医師の相談が煩わしい、時間に囚われることなく出費も抑えたいという人は、通販で薬だけ手に入れて自身の裁量で実行する方が向いているかもしれません。

しかも、通販の場合、海外で販売されているジェネリックも入手出来る為、治療費がぐんと下がる傾向にあります。

更にネット通販であれば昨今話題となっているデュタステリドも簡単に購入できます。

新たなAGA治療薬デュタステリド

また色々見たところ、プロペシアとミノキシジルを合わせて使うことで、より効力を高める方法があるのですが、この2種類を通販で1か月分購入した場合、6,500円ほどで済んでしまいます。
(価格については、購入先のサイトによって変わってきてしまいます。)

改善方法については大きく違いがないAGA。
後は、本人にあった方針で治療を進めるだけですね。