AGA治療薬に

ミノキシジルという成分をご存知でしょうか?
元々血管拡張剤として開発されていた成分で、現在では育毛効果があるとされ、発毛剤として使用されてます。
海外ではロゲインという名前の商品名で販売されてます。
日本ではリアップという医薬品名で大正製薬からシリーズとして販売されています。
外用薬と、内服薬が存在し、両方使用すると、より効果が得られるとされています。
ミノキシジルの歴史は古く、開発はアメリカのアップジョン社(現ファイザー社)が開発しました。
1970年代から臨床の現場で使えわれていたのですが、副作用として多毛症がみられるとの事で、外用薬で頭髪に試験を行ったところたかいあ育毛効果や発毛効果がみられたとの事で有効成分として発表されました。
これを元に、1980年の初め外用医薬品の育毛剤としてロゲインが発売され今現在も使用されてます。
当時は発毛促進をしてくれる医薬品として革命的発明でした。
日本でも外用発毛医薬品として厚生労働省に1999年正式に承認されました。
日本で認められているのは大正製薬のリアップのみとなります。
他に、AGA医薬品で内服薬として有名なのはプロペシアという、アメリカのメルク社が製造販売している治療薬があります。
2005年から日本でも承認を受け販売されています。
国内の臨床実験において、プロペシア1mgを一年間投与したところ58%の方が、2年で31%の方、3年で78%の方が改善したと報告を受けてます。他にも現状維持効果が認められ、改善効果や維持効果を見てみると1mgで98%以上の方が効果があるということになります。
ただし、やはり高齢のかた(60代)などはこの報告よりも期待値は下がるとの事ですのでご注意ください。
発毛と言いましても、大部分の方は現像維持を目安に考えたほうがよさそうとの事です。
値段としては結構高価なものですし、医薬品になりますので副作用も考えられますので多量に使用するなどはやめましょう。
ジェネリック医薬品でフィンペシアと呼ばれるものがインドのシプラ社から販売されてます。
ジェネリックですので有効成分は全く一緒ですので効能効果も一緒になります。
フィンペシアは購入価格も比べてみてかなり安価になります。
現在ではインターネットなどで個人で使用する分には輸入できますので手に入りやすくなってます。
AGAで悩んでる方は若い方でもたくさんいらっしゃいます。これ以上進行しないようにしたいという方にお勧めです。

専門サイトの紹介

プロペシアとミノキシジルジェネリック通販ガイド